【なんとなくダイアリー】タニタぴよぴよタイマーが優しく時間をお知らせ/タイマーの音に「びくっ」となる人におすすめです

タイマー1

このタイマー、昔から気になっていたのですが、絶版で手に入らなかったんです。
なにげなく調べてみたら、今年の2月にリニューアル再販されていたではありませんか!
このぴよぴよタイマーは、時間がくると「ぴよぴよ」という鳴き声でお知らせしてくれます。

“【なんとなくダイアリー】タニタぴよぴよタイマーが優しく時間をお知らせ/タイマーの音に「びくっ」となる人におすすめです” の続きを読む

【BOOK】鴻上尚史『「空気」を読んでも従わない』を読みました/生き苦しさからラクになる方法/「世間」は、唯一の正解があるという幻を見せる

表紙1

鴻上尚史は、舞台や著作で、日本における閉塞状況を、度々題材にしてきました。
なぜ「息苦しさ=生き苦しさ」を感じるのか、どうすればこの生き苦しさから抜け出すことができるのかを、中高生向けに解説したのが本書です。

もちろん、日々、生き苦しさを感じている大人にも最適です!

“【BOOK】鴻上尚史『「空気」を読んでも従わない』を読みました/生き苦しさからラクになる方法/「世間」は、唯一の正解があるという幻を見せる” の続きを読む

【BOOK】『ことばの教育を問いなおす―国語・英語の現在と未来』を読みました/国語教育の要諦は、ことばの精度を高めること

表紙

本書は、鳥飼玖美子、刈谷夏子、刈谷剛彦の共著です。鳥飼玖美子は英語教育が専門、刈谷夏子は国語教育が専門、そして、刈谷剛彦は社会学が専門です。刈谷夏子は、国語教師大村はまの教え子ということもあり、大村はまの国語教育を縦軸にして、国語教育と英語教育の在り方について考えさせられる内容になっています。

“【BOOK】『ことばの教育を問いなおす―国語・英語の現在と未来』を読みました/国語教育の要諦は、ことばの精度を高めること” の続きを読む